水道工事の明央産業株式会社
ホーム > 家庭でできる応急処置法

家庭でできる応急処置法

トイレがつまったら

1,まずは慌てず、止水栓を止めます。
2,便器の排水口にラバーカップを密着させて、押したり引いたりします。
3,1回でダメな場合は何回か繰り返してください。 押すときはゆっくり、引くときに力を入れるとうまくいきます。
4,便器の中に水があまり無い場合は、バケツで給水をして下さい。
5,つまりがとれたと感じても、すぐに水を流さずに、バケツの水を少しずつ便 器に流して、
  スムーズに流れるかどうかを確かめてください。
6,それでも、つまりがとれない場合は固い異物が残っている可能性があります。
  固い異物はラバーカップでは取れませんので、専門の業者に委託しましょう。

トイレの調子がおかしい時(水が止まらない/水が出ない)

1,洋式トイレの場合、タンクに入る給水管の付け根あたりに ハンドルのような物、又はマイナスの切れ目の入った所があります。
  そこをマイナスドライバ(ハンドル式は手で)で時計回しに閉めこんでください それでトイレの水を止めることができます。

2,次に原因究明です。

タンクのふたを開けてください。 一番多いのがレバーと中のゴムフロート(黒い球のようなもの)をつないでいる 鎖の絡まりですが これは絡まりを直すだけで解決します。

次に水を流すためのレバーが老朽化して引っかかり、戻らないケースです。 この場合はレバーの清掃か取り替えが必要です。

水が出ない!

まずはバケツで水を汲んできて、一旦汚物を流してください。
それからタンクに水が入ってるか確認します。

◆断水ではないか?
◆止水栓が閉まっていないか?
◆浮き球が引っかかっていないか?

以上の3点で問題がない場合は ボールタップの老朽化かゴムフロートの劣化が原因と考えられます。 いずれの場合も專門の業者にご連絡して お取り替えいただくことをオススメ致します。